アイキララ 口コミ

目のクマの種類にはどんなものがあるの?それぞれの原因と対処法

目の下にクマができてしまうと、疲れて見えてしまったり、老けて見えてしまうため、できればクマを作りたくありませんよね。

 

クマと言っても種類は大きく分けて青クマ、茶クマ、黒クマの三種類があり、それぞれ原因や対処法が異なってきます。

 

クマがよくできてしまう人は、自分がどのタイプのクマなのかを把握して、それに合った対処法を覚えておきましょう。

 

青クマの原因と対処法

まずは、血行不良が原因で出来てしまう「青クマ」についてお伝えしていきます。

 

人間の目の下はとても皮膚が薄いので、血行も悪くなりがちなんです。血行が悪くなってしまう原因としては、睡眠不足やストレスなどが挙げられており、これらがどんどん溜まっていってしまうことによって、血行が悪くなり血液が溜まってしまうため、結果的に青黒いようなクマになってしまうのです。

 

しかし、青クマの場合は対処法もとても簡単なので安心してくださいね。血行不良の原因が睡眠不足やストレスなので、反対に睡眠時間を確保することと、ストレスをこまめに発散することが大切になってきます。

 

また、血行を良くするためには、蒸しタオルを目に当てることも効果的だと言われていますし、リラックスにも繋がるので、是非試してみてください。

 

茶クマの原因と対処法

茶色っぽい色をしたクマは、色素沈着が原因で出来たものだと考えられます。

 

アイキララで効果がないのはこの「茶クマ」です。該当する方は購入せず、クリニックなどに相談してみましょう。

 

先程もお伝えしましたが、目の下の皮膚はとても薄いので、刺激にも弱いです。普段目を擦ってしまう癖がある人は特に茶クマになりやすいです。

 

無意識のうちに目を擦ってしまっているため、無意識に皮膚に刺激をしてしまい、色素沈着が起こってしまうことが原因であると言えます。

 

また、アイメイクをきちんと落とし切らずに放置してしまう人は、残ったメイクが酸化してしまい、それが紫外線に当たることによっても、色素沈着が起こることがあるので注意しましょう。

 

対処法としては、目を擦ってしまわないように意識して気をつけて生活することです。そして、アイメイクはクレンジングなどでしっかりと落とし、完全に落としきったらすぐに、化粧水などで保湿をすることが大切です。また、紫外線から肌を守るためにも、外出時にはUVケアを忘れずに行うようにしましょう。

 

黒クマの原因と対処法

最後に黒クマとは、別名影クマとも呼ばれていて、下まぶたのたるみなどが原因で出来るクマのことを言います。たるみやシワが目元に出来てしまうことで、それが影となってクマに見えてしまうのです。

 

ここまでを聞くと加齢によるものなのか…。と考えがちですが、黒クマは加齢だけではなく、急激なダイエットが原因でも出来る可能性があります。

 

そんな黒クマの対処法としては、目元の保湿を丁寧に行うことです

 

シワは乾燥によって出来ることが多いため、肌が乾燥していると小じわが増えやすいのです。そのため、乾燥肌にならないためにも毎日の保湿を欠かさず行うことで、小じわなどを防いでいきます。また、黒クマは目元のむくみからくることもありますので、自分がむくみやすい体質だと実感していれば、身体を冷やさないように心がけながら、軽く目元をマッサージする習慣をつけると良いでしょう。

 

まとめ

目のクマにもそれぞれ原因がありますし、対処法も異なってきますので、自分がどのクマに該当するのかをしっかり見極めることが大切です。

 

どのタイプのクマにも対処法は必ずありますので、諦めずにまずは試してみてはいかがでしょうか。