アイキララ 黒クマ

目の下のたるみで出来る影「黒クマ」の原因

黒クマになる原因は〝たるみ〟と言われていますが、たるみが出来てしまうのには大きく3つの原因があります。

 

黒クマができてしまう原因

 

1つ目は長時間パソコンをしたり、スマホをいじったりすることです。画面を見つめていると、瞬きの回数が通常よりも少なくなります。そのため、徐々に筋力が低下していき、たるみの原因となってしまいます。

 

2つ目は、加齢やダイエットです。加齢で目の下の脂肪が増え、皮膚が押し出されてたるみになることや、ダイエットで皮膚が痩せてたるみが出来るのが原因です。

 

3つ目は、化粧品です。油分の多い化粧品の中でも、特に「イソパラフィン」という成分が要注意です。イソパラフィンは皮膚の細胞に絡みつく性質があるため、重さに目の下の皮膚が耐えられなくなり、たるみの原因となります。特に、メイクを落とさずに寝てしまうことは避けましょう。

黒クマの解消法

少しやっかいな黒クマですが、自分がどのような原因で黒クマが出来てしまったのかを理解し、それに合った方法で解消していきましょう。

 

黒クマの解消法を原因別に3つご紹介します。

 

目の下のむくみなら「マッサージ」

 

目の下にむくみがあると、たるみやすくなると言われています。

 

リンパの流れを良くしながら老廃物を流すようにマッサージをしてあげることによって、リンパの流れも良くなり、スッキリとしてきます。マッサージをする際には、専用のクリームを使って滑りを良くしてから行うようにしてください。手順は以下の通りです。

 

目元のマッサージ方法

 

  1. 両手の人差し指、中指、薬指の3本の指を使って、おでこの真ん中に当てます。
  2. 気持ちいいと感じる程度に圧力をかけながら、こめかみまで滑らせるようにして移動させていきます。
  3. 中指の腹を左右両方の目尻に当てて、目の下の骨をなぞるようにしながら目頭まで移動させます。
  4. 目頭から今度は目の上の骨をなぞりながら、目尻まで移動させます。
  5. 両肘と肩を並行にさせて、中指と薬指の腹を目の下に当てます。
  6. 目頭から目尻に移動させていき、こめかみへと圧力をかけながらゆっくり移動させます。

 

これを1回に5回程度繰り返します。

 

 

原因が血行不良なら「蒸しタオル」

 

むくみは、血行不良からくるものだとも言われているので、目の血行を促進させてむくみを解消させる方法です。

 

これはとても簡単なもので、蒸しタオルを目の上に当てる。というものです。蒸しタオルは濡らしたタオルをレンジで30秒ほど温めるだけでできるので、すぐに始められます。

 

蒸しタオルをレンジで作る方法

 

レンジから取り出す際には火傷をしてしまう恐れもあるので、気をつけてくださいね。

 

蒸しタオルを目の上に乗せることによって、目の周りの血を循環を良くしてくれる効果が期待できます。徐々にむくみが解消されていきますので、試してみてください。

 

まとめ

黒クマは治りにくいと思われがちですが、さまざまな解消法があります。

 

まずは、自宅でのセルフケアを行ってみて、それでも改善されなければクリニックに行くことをオススメします。自宅で行うセルフケアも、簡単なものばかりですし、隙間時間にすることができるものばかりなので、まずは試してみてくださいね。